人と地球にやさしい
ロハス食をすべての人に届けたい

-- 企業理念 --

当店の店名ロハスとは上記に記した英語の頭文字で作られた略語。
“いつまでも健康で若々しくありたい。 いつまでもよい自然環境で生活をしたい。”
多くの人がそのようなことを願い日々の生活を送っていると思います。
「すべての人がいつまでも健康で若々しく、
喜びに満ちた幸せな生活を送ることができるように私たちが提供するサービスや商品、
食を通じて、人々の生活に健康と幸せを与え、 様々な問題の解決に貢献すること」
そんな願いを込めてロハスは大自然の北海道にオープンしました。

-- 未来を考える --

私たち自身の健康を考えるとき、人、土、植物、動物、地球の健康を別々に分けては考えられません。
私たちの周りのものが全て健康でなければ、私たち自身の健康は成り立たないのです。
「オーガニックを目指す世界はその工程に関わる人々、動植物、微生物などの目には見えない小さな命、
次世代のまだ見ぬ命、自然環境まで含めて、すべてが公正な関係でつながり、
その健康が確保され、生態系のバランスに沿った生産活動が、技術的に配慮された状態で営まれること」が重要です。
LOHASは微力ながら「人と地球にやさしいロハス食をすべての人に届けたい」をテーマに
持続可能な健康や環境を意識したライフスタイルを皆さまにご提供できるよう、今後とも取り組んで参ります。

土門 大幸

1967年生まれ。
JFAA公認フードアナリスト、調理師米国LLCAI公認ローフードシェフ&インストラクター。
外資系大手食品会社を経て、 2007年、札幌に北海道初となるローフード専門店「ローフードカフェLOHAS」をオープンする。
ローフードシェフの学校である米国Living Light Culinary Arts Instituteで学び、 同校公認のローフードシェフ&インストラクター資格を取得。
全国各地で講演活動や料理教室を行い、ローフードの普及に努めている。


著書


RAWFOOD&BEAUTY RECIPE60(キラジェンヌ)
食べればキレイ!初めての簡単ローフードレシピ(徳間書店)
野菜がごちそうになるビタミンごはん(三笠書房)
まるごとそのまま野菜を食べよう RAWFOOD RECIPE(キラジェンヌ)

2019年 VEGETARIAN AWARD 書籍賞 土門大幸


書籍名:まるごとそのまま野菜を食べよう RAW FOOD RECIPE
ベジタリアンアワードのノミネートはベジタリアンである必要はなく、
医学、学術、料理、動物愛護、YOGA、健康、環境、美容、メディアなどのあらゆる分野で、
日本のベジタリズムの発展に尽力する個人・団体・企業を対象にして表彰されます。
今回は日本全国から108名の方々がノミネートされ、その中から9名が受賞。
そして、弊社社長の土門大幸が選出され「書籍賞」を受賞いたしました。

Message -メッセージ-
まだローフードという言葉を誰も知らないときに、
出版した書籍が重版を重ね、日本一発行部数の多いレシピ本として
認めていただいたことはとても光栄なことです。
この書籍の出版に携わってくださった、出版社の皆様、
カメラマンやデザイナーの方、そして友人、先生方、
そして何より私の書籍を読んでくださった読者の皆様、
本当にありがとうございました。

これからもローフードやスーパーフード等の食を通して人々の健康や喜び、
幸せに貢献できるよう努めていきたいと思います。


RAWFOOD
&BEAUTY RECIPE60


RAW FOOD RECIPE
初めての簡単ローフードレシピ


野菜がごちそうになる
ビタミンごはん。


まるごとそのまま野菜を食べよう
RAW FOOD RECIPE


(c) 2019 LOHAS