ローフード通販LOHAS(ロハス) TOP豆知識 > 遺伝子組み換えとは?

遺伝子組み換えとは?

遺伝子組み換え

◆遺伝子組み換えとは◆

遺伝子組み換えとは、作物に他の生物から抽出した遺伝子を組み換え、新たな性質を持たせる手法のこと。 害虫に強い性質や除草剤に強い性質などを新たな特性として加えることができます。 今まで行なわれていた「品種改良」の場合、人が遺伝子に直接手を加えることはありません。 遺伝子組み換えが使用されているものとして代表的なのが大豆やじゃがいも、トウモロコシなどがあります。

ゲノム編集

ゲノム編集とは、高い精度で遺伝子を改変する技術のこと。 他の遺伝子を細菌やウィルスで入れ込む遺伝子組み換えと比べて簡単でかつ精度が高い。 不要な遺伝子を切断するだけのものや、切断後に新たな遺伝子を挿入させる方法もあります。 そのため、遺伝子組み換えと言えるのかは世界各国で判断が異なっていて、 すべて遺伝子組み換えとする国や、方法により判断が分かれる国などがあります。

◆遺伝子組み換えのメリット◆

遺伝子組み換えは大幅に時間を短縮することができます。 というのも、従来の品種改良の場合、何世代もの交配を行うため、時間を要します。 しかし直接的に遺伝子を変える為すぐに生産することが可能となります。 また、その特性によっては農薬や害虫対策などの工数を減らす事にもつながります。

◆遺伝子組み換えのデメリット◆

人体への影響が懸念されています。 現時点では人体に与える影響は極めて低いとされていますが、今後も検証が必要と主張する方も多いのが現状です。 そして環境にも影響をあたえるとも言われています。 例えば除草剤への耐性が強い遺伝子が何らかの形で雑草に組み込まれる可能性などがあります。 しかしこちらも可能性は極めて低いとされていますが、異論を唱える方も多い。 また、花粉が飛散し意図せず遺伝子組み換えになるケースも考えられなくはない。 これらのことから世界中では反対運動が行われることもありました。 「危険」と判断されずとも「安全とは言えない」ため敬遠する方も多いのでしょう。