SALE

ローフード通販LOHAS(ロハス) TOP豆知識 > 老化の原因”AGE”とは?

老化の原因”AGE”とは?

老がの原因AGE

◆”AGE”と”糖化”◆

糖化とは、タンパク質と糖が結びついて細胞を劣化させる現象で、老化の原因の一つとされています。 パンケーキや食パンなど加熱すると褐色になるのもAGE化によるものです。 そして「タンパク質+糖質+熱=糖化」この条件が揃うと起こりますので、 タンパク質で出来ている体に糖を摂取すると、体温の熱で糖化が進んでいきます。 糖化されたタンパク質は糖の濃度が下がれば、正常に戻りますが、長時間過剰に存在すると元には戻れません。 この糖化が進行したタンパク質をAGE(Advanced Glycation End Products/終末糖化産物)と呼ばれます。 このAGEの恐いところは強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされタンパク質の機能を低下させる働きにあります。

◆”AGE”はどうやってできるのか◆

AGEは血糖値×持続時間で増えていきます。 そのため高血糖の状態が続くとタンパク質と結びつきやすくなりAGEは増えていきます。 また炒める・焼く・揚げるなどしたものをよく食べる人はAGE化が進みやすいと言えます。

◆”AGE”が居座ると…◆

AGE化すると周りのたんぱく質もAGE化させ長時間居座り蓄積していきます。 すると、歯周病・腎臓病・アルツハイマー病・がん・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞などの恐れも。 また皮膚のハリがない、シワ・シミが気になる、髪のコシやツヤがない、という人もAGE化のサインかも。

◆”AGE”が出来易い人っている?◆

高血圧の人は注意が必要と言われています。 AGEが既に増えているから高血圧になっている可能性があり、特に高血圧と高血糖を併発している人は、 高血糖だけの人よりも糖化が早く進むことがわかっています。 また高血糖状態が続く糖尿病の人もAGEが出来易いと言えます。

◆”AGE”を減少させることはできる?◆

AGEを減らすのに有効な栄養素が食物繊維。 糖質の体内への吸収を緩やかにして、血糖値の上昇を抑える作用があります。 また、適度な運動も有効で、 食後1時間後が最も血糖値が上がりますので、その前に20〜30分ほど動かすのが◎。 毎食後、少し汗ばむ程度のウォーキングをすると、全身の筋肉を使うので血中の糖を消費できます。 そして、AGEを増やさないことも大切で、生の食材や、煮る・茹でる・蒸すなどの調理法を行いましょう。 またオクラや納豆などのネバネバ食材やきのこ・海藻類、 ベリー系・柑橘系の果物を合わせてとると糖化をある程度抑えてくれます。

◆紫外線・ストレス・睡眠不足にも注意◆

ダメージを受けたタンパク質は糖化しやすいため、紫外線もAGE化を加速させます。 また、ストレスにより、抗酸化酵素の働きを弱めたり、 血圧上昇で肝臓に蓄えられた糖を体中にばら撒き血糖値をあげたりすることでAGE化が進みます。 さらに睡眠不足も要注意で、糖尿病を招くとも言われていますので、食生活だけではなく生活習慣も重要なのです。