新型コロナウイルスに関するお知らせ

SALE

スタッフコラム


あなたはいくつ知ってる?今さら聞けない!健康×食に関する豆知識をご紹介

豆知識

コラムの内容はメルマガでも配信中!お得情報もありますのでぜひご登録を。

メルマガ登録

ローフード通販LOHAS(ロハス) TOP > LOHAS column [スタッフコラム] 2021.4

LOHAS column [スタッフコラム] 2021.4

21.04.02 (inochi)

種子の発芽と栄養

こんにちは。
ロハスのinochi^^♪です


先日、出張で東京に行ってきました。
この時期に北海道を離れることは殆どなく、
東京の桜を見るのは何十年振りかもしれません。





札幌の桜はいつも5月上旬ですが、
今年は早く咲きそうな感じですね(^^♪

わたしは春夏秋冬の中でこの時期が大好き!!
市内はところどころ雪が残っていますが、
植物の新芽も出始めています(*^^*)



植物は発芽の際に種子の時には無かった
様々な栄養素が増えるのをご存知でしょうか?

種子には発芽後の体を作ったり、
成長のエネルギーに使ったりするための
物質(でんぷん、たんぱく質、脂質など)が
蓄えられています。

これらの物質は、種子の発芽の過程で分解され、
その後様々な物質の合成に使われます。

でんぷんはアミラーゼの作用によって分解され、
オリゴ糖やブドウ糖になり、さらにビタミンC等の
様々な物質に変換されます。

また、たんぱく質は分解されて
アスパラギン酸などのアミノ酸になります。

このように、
もともと種子には無かった栄養素は
このように作られていくんですね〜!(^^)!

そして今注目されている栄養素が
「γアミノ酪酸(GABA=ギャバ)」

玄米が発芽すると貯蔵たんぱく質が加水分解され、
グルタミン酸がギャバ(玄米の2〜3倍)生成します。



発芽酵素玄米炊飯器はこちら


【期待されるギャバの作用】
・血圧を下げる
・肝臓、腎臓の働きを高める
・リラックス効果
・記憶改善作用

わたしは最近、
記憶力が低下しているのでギャバを
調べていて嬉しくなりました(^^ゞ


ちなみに現在ロハスでは
発芽した状態の雑穀「(仮)十種類の発芽雑穀」を
お届けできるよう準備を進めております。



乞うご期待!!