長期休業に伴う営業日のお知らせ

スタッフコラム


あなたはいくつ知ってる?今さら聞けない!健康×食に関する豆知識をご紹介

豆知識

コラムの内容はメルマガでも配信中!お得情報もありますのでぜひご登録を。

メルマガ登録

ローフード通販LOHAS(ロハス) TOP > LOHAS column [スタッフコラム] 2022.7

LOHAS column [スタッフコラム] 2022.7

22.07.29(inochi)

内臓に負担をかけない

こんにちは。
ロハスのinochi^^♪です

皆さんは「断食」と聞くと、
何を連想しますか?

近年、「ファスティング(断食)」
という言葉でブームになってるので、

・ダイエット
・デトックス
・リラックス効果
・お坊さんの修行 

等など、思い浮かぶでしょうか。

ファスティング(断食)は、ある一定の期間、
食事制限することにより、体内に溜まった有害物質や
胃腸内の老廃物の排出を促すことができますね?!

その結果、免疫力がアップしたり、
体のバランスが良くなったり、

心身ともに健康になることが期待できますので、
チャレンジした方も少なくないと思います(^^)v



※ファスティングとは

しかし、このファスティング(断食)は
目的によって様々な方法がありますが、
気をつけたいことを少しご紹介します。

【しっかりと水分補給する】
ミネラルウオーターや野菜ジュースのほか、
カフェインを含まない麦茶やルイボスティがおススメ。

コーヒー・紅茶・緑茶などカフェインを含む飲料やアルコール、
キンキンに冷えた飲み物、または熱い飲み物は避けましょう。

【内臓に負担をかけない】
食物繊維には老廃物などの毒素を吸着して排出したり、
栄養素を吸収するスピードを緩やかにしたり、
私たちにとってとても重要な栄養素です。

しかし、腸は働き続けることになって疲れやすくなるので、
少しでも胃腸を休めたいときには、ごぼう、サツマイモ、キノコ等、
食物繊維の多い食事は控え、消化の良いものを摂りましょう。

【ファスティングに向かない方】
成長期の子どもや妊娠中の方、高齢者や
持病がある方はおススメできません。

なお、初めてチャレンジする方は
「スーパーフードファスティング ダイアリー」がおススメ(^^)/



スーパーフード ファスティング ダイアリーは◆こちら
当店オーナーシェフHIRO著書

私は月に何度か16時間&24時間断食してますが、
心身ともにリフレッシュできとっても快調です(^^)v

22.07.22(inochi)

7/22は「ナッツの日」

こんにちは。
ロハスのinochi^^♪です

先日、海の日の休日プラスお休みを頂き、
久しぶりに家族でキャンプに行ってきました(^^♪



場所は札幌から2時間ほど離れた岩内町という
積丹半島の西側の付け根に位置する港町。



贅沢で豊富な海の幸以外にも、
源泉かけ流しの温泉があって、
心身ともに癒されました(*^^*)

ぜひ今度社員旅行で
スタッフ皆と行きたい避暑地です!!

さて、7/22はナッツの日!!
当店でナッツ(生)を販売開始してから
かれこれ10年以上が経ちました。

当時、生のナッツを扱うお店は極わずかで、
ほとんどがローストされたものでした。

なので、ローストだと思って
購入したお客さまからは、

「湿気っている」
「なんだこれ(怒)」
「このお店リピなし」

このようなクレームの連絡や
レビューをけっこう頂きました(+o+)

それ以降、商品ページやチラシに
「湿気ってません」って書くようにしました(^^;



それに対して、生だと分かって
初めて購入されるお客さまからは、

「甘みがあって美味しい!」
「これが本来の味なんだね、クセになる!」
「ずっと素焼き買ってたけど今後は生にする!」

等々、嬉しいレビューもいただきました(^^♪
そう、これからもローフードの良さを
多くの方々に広めてゆきます!!

ちなみに、お客さまからの要望が多かったため
昨年末から素焼きナッツ(現在ミックスナッツのみ)を
扱い始めました。

生と素焼きを食べ比べたり、スイーツ作りで使い分けたり、
これからもナッツを楽しんでほしいと願っています。

22.07.15(inochi)

日本のオーガニック化

こんにちは。
ロハスのinochi^^♪です

先日、札幌にあるイオンに買い物に行ったとき、
オーガニック野菜コーナーに期限切れ間近の、
有機JAS認証ブロッコリーとシイタケを見つけました。

販売価格の30%offだったので、
速攻でカゴに入れました(笑)

オーガニックの野菜を食べたくても、
一般の野菜と比べ10〜20%割り増しですから
カゴに入れるのに勇気が必要です(^^ゞ



日本国内で有機JAS認証を取得している生産者は
総農家数の0.2%。。

そうなんです、
わずか0.2%(@_@;)

世界に誇れないオーガニック後進国
ニッポン。

オーガニック先進国に近づくには、
根底から仕組みを変える必要がありますが、
この問題の解決に一筋の光明が見えてきました(*^^)v

農林水産省が地域コミュニティの衰退や
生産者の減少、アフターコロナなどを見据えて
「みどりの食料システム戦略」発表したんですね?!



「みどりの食料システム戦略」

それは、、
2050年までに「オーガニック市場の拡大」と
「日本の農地25%をオーガニック化する」ことを
目標に掲げています。

道のりは険しいと思いますが、
この取り組みが環境問題や
食糧問題の解決のきっかけになり、

次世代の子どもたちに
より良い環境を残せるよう、
切に願っています。

なお、残留農薬や遺伝子組み換えに
ご興味ある方はこの本がおススメです。



【試し読み】

農薬などを除去するロハスの「クリーンベジフル」が
気になる方はチェック↓
クリーンベジフル◆こちら

22.07.08 (inochi)

デーツの王様

こんにちは。
ロハスのinochi^^♪です

本日は、と〜っても美味しい
デーツをご紹介いたします(^^♪

別名「ナツメヤシ」とも言われ、
旧約聖書の創世記に登場する「命の木」が
このナツメヤシと言われています。



砂漠の過酷な環境でも育ち、生命力が強く、
木に実をつけたまま自然乾燥し、
木の上で完熟していくので、
まさに天然のドライフルーツなんですよ!!

ビタミン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、
食物繊維、鉄分が豊富で、農薬を使わない自然栽培が
多いこともあり、当店でも人気商品のひとつです(^^)/

現在、当店で販売しているデーツは、デグレット種、
サーヤ(サイヤー)種、そしてマジョール種の3種。

主に中近東で多く栽培されているデーツですが、
当店で人気なのがアメリカ産マジョール(種あり)です!!

各種デーツはこちら



このマジョール種(USDA認証)は、
「デーツの王様」と言われ、大粒で甘みが強く、
外皮が薄めでとっても上品な味わいです(^^♪



そのまま召し上がっても美味しいですが、、
ナッツを挟んだり、スムージーに混ぜたり、

また、当店のロータルトのクラストにも
デーツは使用されていますよ!!

今年の暑い夏も、
あのクレオパトラも愛したと言われるデーツで
元気に乗り切りましょう(^^)v

22.07.01 (inochi)

マスクの要否

こんにちは。
ロハスのinochi^^♪です

先日、ある中学校の先生と女子生徒たちが
やり取りしているニュースを観ました。

それは、校庭で体育の授業が始まるときの映像で
気温はすでに30度以上になっているようでした。

先生    「とても暑いのでマスクをとりましょう!」
女子生徒 「先生、それは強制ですか?」
先生    「いいえ、強制ではありませんが、、、」
女子生徒 「じゃあ、マスクは外しません!」

その後の取材で女子生徒は、、
「恥ずかしくてもうマスクを外せない!」って(@_@;)



1年くらい前にも、20代の女性がニュースのインタビューで
「マスクはもう下着のような感じなので、
人前では恥ずかしくて外せない!」と。。

もう2年半もマスクを付け続けてるので、
そうなっても不思議はありませんよね(T_T)

さて、マスク着用のメリットは、
咳やクシャミの飛沫を制御することや
花粉、ホコリの粒子などの体内侵入を抑制すること。

しかし、マスクの表面を触らない、
マスクをしっかりと密着させ鼻を出さない、
アゴの方にずらさない、、、etc

これらを考えると実際には効果的に使えてるのか?!
マナー的な使い方になっちゃってるかなぁ〜と感じます(>_<)



では、マスク着用のデメリットを考えてみると、
マスク下の肌不調(炎症)、熱中症、
酸欠による頭痛、乳幼児の窒息、、等が挙げられます。

マスク下の肌不調について調べると、
マスク装着によって肌が乾燥して毛穴が塞がり、
アクネ菌が増加することでニキビや吹き出物が
できやすくなってしまう。

また、酸欠については、
頭痛のほか、免疫力の低下、思考力の低下、肩こりなど、
体調不良の原因にもなりかねない(+o+)

以前(2022/2/4投稿)も書きましたが、
日々マスク着用することによって幼少期に罹った方が良い
感染症に罹患できない、といいます。

これはニュースで大きく取り上げられてませんが、
感染症専門の医師たちはとても危惧しているそうです。



また、日本外来小児科学会理事会(診療部会)での調査では、
「乳児だけでなく、思春期に至るまで、マスクによる医学的弊害の
懸念は存在し、マスクによるデメリットがメリットを上回ることは明白である。」
と警告しています。

健康面において、状況によってマスクを外すのか外さないのか、
これも多くの子どもたちにとって難しい選択ですよね?!

諸外国のように1日も早く、屋外ではマスク不要に
統一してあげた方が彼らのために良いのでは?!
と感じています。